トップ » 経営に大切なシナジー効果
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

経営のプラスαを導きだそう

経営を行っていく上で成功を収めていくためには、やったことが1+1で2で終わっているようでは成功にはつながりません。企業が大きく伸びていくためには常にシナジー効果(相乗効果)を狙い、1+1が2+αという結果につながっていかなければなりません。経営方針とはその答えを導くための方程式ではないでしょうか。一言でシナジー効果と言ってもその結果を導き出すのは容易なことではありません。個々が勝手に頑張ったのでは双方の和、つまり2にしかならないからです。こちらが伸びたのでそれが刺激となりこちらもテンションを上げ頑張れたそんなプラスαを活かしてよりよい業績を目指しましょう。

シナジーの発生について

経営にあたっては、シナジーが発生することがあります。それは、すなわち、会社において、合併や株式交換などのM&Aをすることによって、他の会社と一定程度の結合関係が生じることになるために、今までの経営から今後は改善されることが予想されるなどして、その会社に市場からとっていい評判が流れるときには、その会社の企業価値が上がり、ひいては、株式の価値も上がることになります。このような状態のことをシナジーが発生した状態といいます。それは、M&A以外にも、会社の運営においてさまざまなときに発生することがあるものです。

ドメインについての情報

HOME | SITEMAP

© Copyright 経営上で重要な方向性. All rights reserved.