トップ » 経営の1つの基礎知識
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

経営におけるインフラとは

経営における基礎知識の一つとしてインフラ会計と呼ばれるものがあります。まずインフラとは、国が国民の生活と経済のために様々な公共福祉施設を作ることを言います。そしてインフラ会計とは、それらの政府会計に関して将来的に発生するであろう費用を前もって認識し、それを効率的に管理することです。当然インフラにもメリットとデメリットが存在します。メリットは高速道路などのインフラを設置することによって交通コストが低下し、それが結果的に経済を良くすることにつながります。しかしデメリットとして、それらのインフラには定期的な整備を必要とし、そのコストもまた一定額掛かるということです。これらの一長一短がありますが、しかしうまく活用すれば、経営におけるインフラは国の経済に多大な好影響を与えることができるのです。

経済用語インフラ会計とは

インフラ会計とはそもそも政府会計で使用します。インフラに関して将来発生する費用を前もって認識しておき、効率的に管理できるようにする手法です。日本のインフラ技術は世界トップクラスです。道路や橋などのインフラは作った事で終わりでなく、整備や修繕などランニングコストが発生し、莫大な事業ですから一定の年月が経つと大規模な修繕も必要になります。高度経済成長の中発達したインフラ事業もゆくゆく修繕が必要になります。インフラの劣化状況や今後期待されるであろうサービス水準などを分析し、どの時期に修繕を行えば最も効率的に維持できるのかなど、将来に向けて効率的にインフラを維持する管理戦略を示しだす手法の一つです。インフラ会計を、経営に置き換え将来に必要な費用を中長期的に経営、財務的計画に組み込みます。

ドメインについての情報

HOME | SITEMAP

© Copyright 経営上で重要な方向性. All rights reserved.